麻薬が絡んだ犯罪で銃火器を用いた犯罪者同士の抗争も発生

コスタリカは、中央アメリカと呼ばれる地域に位置している国です。

パナマの南に位置している地域であり、このエリアではパナマに次いで豊かな環境にあると言えるでしょう。

中米の楽園と呼ばれた時期もあり、環境の良い国であると言われていましたが、1990年代以降は麻薬に関連した問題の発生が頻発数量になり、必ずしも治安の良い地域であるとは、言えない環境になってきています。

麻薬のルートは、南米から北米につながる地域に広がっており、丁度その中間に位置するコスタリカは中継地点としての機能を持ってしまう様になってきました。

この様な麻薬の悪影響が、低所得者を中心に蔓延しており、犯罪の低年齢化や凶悪化が連鎖しているという状況にあります。

この様な犯罪は、夜間だけではなく、昼間であっても一般の道路やショッピングセンターで発生するようになってきているため、犯罪の発生は大きな社会問題になってきていると言えるでしょう。

現在では、麻薬の中継地点としてだけではなく、一大消費地域としての存在になってしまっているという見方もあります。

そのため治安情報としては、注意を要する地域とされています。

麻薬が絡んだ犯罪においては、銃火器を用いた犯罪者同士の抗争も発生しており、麻薬欲しさに短絡的な殺人行為も発生するようになっています。

そしてこの様な問題が首都周辺部において、白昼堂々と行われることがあるため、かつての様なのどかで豊かな環境とはかけ離れた地域になってしまったと言えるでしょう。

観光地としての魅力もある国ではありますが、首都や首都周辺部であっても安全とは言えない環境がありますので、治安情報を良く理解したうえでの行動が必要になります。

犯罪が日常的に発生している地域であり、麻薬に関連した短絡的な事件が多発しているということは、非常に大きなリスクがあるということを意味しています。

観光などの場合には、危険な地域にいるという自覚を持ったうえでの行動が、絶対に必要になると言えます。

犯罪いも色々な種類がりますが、コスタリカにおいては、人体に障害を与える様な種類の犯罪も多発していますので、その辺りの注意をしておくことも必要です。

貴重品を見える様に、携帯することも避けるべきであると言えますし、タクシーなど日本では当たり前のサービスであっても、リスクがかなり高いものであるということを、自覚しておく必要があります。

特に流しのタクシーなどを利用することは、避けなければなりません。